医療脱毛のレーザーは出力が高いほど効果がある?

医療脱毛のレーザーは出力が高いほど効果がある?

医療脱毛は光脱毛に比べてレーザー出力が高いため、より脱毛効果が高い施術方法として知られています。医療脱毛で使用するレーザーにはいくつかの種類がありますが、出力によって効果に違いはあるのでしょうか。
今回は、医療脱毛のレーザー出力に注目して、レーザー出力と効果の関係を紹介していきます。

医療脱毛と光脱毛のレーザー出力の違いは?

脱毛方法には、大きく分けて医療脱毛光脱毛の2種類がありますが、医療脱毛はレーザー出力の高い医療レーザー脱毛機が使われており、光脱毛ではIPL(Intense pulsed light)と呼ばれる光を照射する脱毛機が使われています。

医療脱毛も光脱毛も、どちらもメラニン色素に光やレーザーを吸収させて毛根にダメージを与える脱毛方法ですが、医療脱毛と光脱毛ではレーザー出力に違いがあります。

医療脱毛は毛根にダメージを与えるだけではなく、発毛組織を破壊するほどの高いレーザー出力を持つため、永久脱毛を行うことができます。

しかし、光脱毛ではレーザーの出力レベルが不十分であるため、毛根にダメージを与えるだけの力しか持っておらず、永久脱毛ができません。光脱毛は医療脱毛とは違い、繰り返し脱毛することで減毛効果を狙う脱毛方法なのです。

医療脱毛が完了するまでにかかる回数は?

毛穴レスのツルツル肌にするには10回以上の施術が必要になってきます

レーザー出力が高いとされている医療脱毛機ですが、医療レーザー脱毛機には蓄熱式熱破壊式(ショット式)の2種類があります。それぞれの脱毛機はレーザー出力に違いがあるのでしょうか。

脱毛機によるレーザー出力の違い

医療脱毛のレーザー出力は、蓄熱式熱破壊式(ショット式)で大きく異なります。

蓄熱式レーザーは、1回1回のレーザーの照射エネルギーが弱いものの、連続的に毛に熱を与えてゆっくりと加熱して毛根のバルジ領域を熱で破壊する脱毛方法のため、肌への負担が少なく、施術時の痛みを感じにくい特徴があります。

一方、熱破壊式(ショット式)レーザーは、レーザー出力の高い脱毛機です。高出力のレーザーを毛根の発毛組織まで一瞬で届けるため、毛乳頭や毛母細胞をすぐに破壊して脱毛します。ただし、熱破壊式(ショット式)はレーザー出力が高いため、蓄熱式に比べると肌ダメージや痛みを伴いやすい傾向にあります。

脱毛機による効果の違い

蓄熱式レーザーは、レーザー出力が低いものの、皮膚表面近くのバルジ領域をターゲットにしているため、メラニン色素が薄い産毛にも効果的な脱毛方法です。ただし、蓄熱式脱毛機は毛がジワジワと抜けていくため、脱毛効果をすぐに感じることができません。

対して、熱破壊式(ショット式)レーザーは毛根の発毛組織を一瞬で破壊するため、比較的早く脱毛効果を実感しやすい特徴がありますが、メラニン色素の薄い産毛の多い部位では効果を実感しにくい傾向にあります。

ルシアクリニックで使用する脱毛機のレーザー出力

部位によって脱毛完了までの回数は変わってきます

ルシアクリニックでは、毛に直接アプローチする熱破壊式(ショット式)レーザー脱毛機で脱毛を行っています。
ルシアクリニックで採用している熱破壊式(ショット式)レーザー脱毛機は、「ジェントルマックスプロ」「ジェントルレーズプロ」「ベクタス」の3種類です。店舗によって扱っていない脱毛機もありますが、基本的には毛質・肌質に応じて脱毛機を使い分けて施術を行っています。

ジェントルマックスプロとは

ジェントルマックスプロは、アレキサンドライトレーザー(波長755nm)とヤグレーザー(波長1064nm)の2種類のレーザーを出力できます。1台で2種類のレーザーを用いるため、産毛や濃い毛、日焼けした肌や敏感肌など、さまざまな毛質・肌質に合わせた医療脱毛が可能です。

そんなジェントルマックスプロの照射パワーは、アレキサンドライトレーザーで最大150J/㎠、ヤグレーザーで最大200J/㎠です。ジェントルマックスプロは医療脱毛機の中でもレーザー出力が高く、1秒あたりに発射できるショット数は2発と、強力アプローチで施術が短時間で行うことができます。

レーザー出力が高いため痛みを伴いやすい脱毛機ですが、冷却システムが備わっており、最小限の痛みに抑えられます。

ジェントルレーズプロとは

ジェントルレーズプロは、ルシアクリニック全院に置かれている医療脱毛機で、アレキサンドライトレーザー(波長755nm)を使用した医療脱毛機です。ジェントルレーズプロは従来のジェントルレーズに比べて毛質に合わせた出力調整がしやすく、太い毛へのアプローチに効果的です。

ジェントルレーズプロの照射パワーはスポットサイズによって異なり、6mmスポットサイズで最大6~150 J/㎠、24mmスポットサイズで3~11 J/㎠となります。

レーザー出力の高いジェントルレーズプロは18mm径のスポットサイズを標準装備しており、繰り返し周波数を2Hzにすることで、1秒あたり2回のレーザー照射をして脱毛時間を短縮することができます。

ベクタスとは

ベクタスは、ダイオードレーザー(800nmの波長)を使用した医療脱毛機です。ベクタスは両ワキ合わせて約2分で施術ができる世界最速の医療脱毛レーザー※として人気です。
※2021年3月現在

ダイオードレーザーを使う医療脱毛機の場合、レーザー出力は高いのですが、従来までの機械は照射を少しずつしか進めることができませんでした。しかし、ベクタスの照射面は23mm×32mmと広く、均一なレーザー照射が行いやすいという特徴があります。

また、ベクタスのダイオードレーザーは最も高出力な医療レーザーのため、熱破壊式(ショット式)であってもメラニン色素の薄い産毛に対して脱毛効果が期待できます。

また、従来からある熱破壊式(ショット式)脱毛機はレーザー出力が高くなるため、メラニン色素のある日焼け肌や色黒肌にあまり適していません。しかし、ベクタスにはメラニンを計測するシステムが搭載されているため、適切なレーザー出力に自動調整してくれます。

医療脱毛はルシアクリニックにご相談ください

医療脱毛光脱毛はレーザー出力に大きな違いがあるため、脱毛効果にも違いがあります。また、医療脱毛は蓄熱式破壊式(ショット式)でもレーザー出力が異なり、毛を直接攻撃する熱破壊式(ショット式)のほうが、蓄熱式に比べて医療脱毛効果を早く感じやすい傾向にあります。

ルシアクリニックでは、医療脱毛効果を実感しやすい熱破壊式(ショット式)の脱毛機を3種類そろえているので、肌が弱くて医療脱毛を悩んでいる方でも、自分の肌質や毛質に合った脱毛ができるでしょう。また、医療脱毛機の種類によっては冷却システムが搭載されているため、最小限の痛みで脱毛することができます。

医療脱毛をお考えの方は、ぜひルシアクリニックにご相談ください。

2021.03.22 ※掲載価格はすべて税込価格です

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中