脱毛はなぜ痛い?医療脱毛が痛い理由と効果、痛みを軽減する方法

脱毛はなぜ痛い?医療脱毛が痛い理由と効果、痛みを軽減する方法

サロン脱毛に比べて、医療脱毛は痛いと耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。確かに、医療脱毛はサロン脱毛に比べて痛みを伴う施術ですが、その分高い効果が期待できます。
今回は、脱毛はなぜ痛いのか、医療脱毛が痛い理由と効果などを紹介します。ルシアクリニックでは3種類の医療脱毛機を採用し、痛みを感じやすい方にはカウンセリング時にテスト照射を行っています。痛みに不安がある方も、お気軽にご相談ください。

脱毛はなぜ痛いのか

医療脱毛やサロン脱毛で痛みを感じるのは、脱毛の仕組みが原因とされています。

医療脱毛やサロン脱毛では、レーザーや光を毛根に照射して熱を与えることでムダ毛の発毛組織を破壊します。その生じた熱が周りの皮膚に伝わることで、脱毛の痛みを感じさせてしまうのです。そのため、医療脱毛に限らずサロン脱毛でも痛みを感じることはあるでしょう。

また、脱毛の施術を受けるときの肌状態によっても痛みを感じることがあります。肌が傷ついていたり、乾燥していたりすると、肌のバリア機能が低下するため、肌トラブルのない状態の肌よりも脱毛の痛みを感じやすくなってしまうのです。

脱毛で感じる痛みには個人差があり、また脱毛する部位によっても痛みの感じ方は異なります。特にワキVIOといった部分は毛が濃く太いだけではなく、皮膚も非常に柔らかくて敏感な部位なので、脱毛の痛みを我慢できる方もいれば、そうではない方もいます。

医療脱毛と光脱毛はどちらが痛い?痛い方が効果が高い?

美容サロンと医療脱毛は痛みの強さが異なります

医療機関で行われる医療脱毛と美容サロンで行われる光脱毛では、脱毛の痛みの強さが異なります。

医療脱毛は、高温で照射パワーの強い医療用レーザーを用いてメラニン色素を刺激し、永久脱毛を行います。一方サロン脱毛では、威力の弱い光を照射することで脱毛を行うため、脱毛時の痛みは少なくなりますが、脱毛効果は低く、永久脱毛はできません。一時的にムダ毛が生えてこない状態にしたり、生えてくる毛の量を減らしたりするのが光脱毛の目的ですので、自己処理が不要な状態にするには長期的に施術を受ける必要があります。

医療脱毛は、サロンの光脱毛に比べて照射パワーが強い分、痛みが強くなる傾向にあります。しかし、その分サロン脱毛に比べて脱毛効果は高く、少ない回数で永久脱毛を行うことが可能です。

医療脱毛で痛みを感じやすい部位はどこ?

医療脱毛で痛みを感じやすい部分のご紹介です

続いては、医療脱毛で痛みを感じやすい部位を紹介します。

ワキ

ワキのムダ毛は濃くて太く、すぐに生えてくるため、自己処理でのムダ毛処理に苦労する部位です。そのため、医療脱毛では人気の脱毛部位となっています。

しかし、太くて濃いワキのムダ毛はメラニン色素が多い部分でもあり、医療レーザー照射が反応しやすくなるため、痛みが強くなる傾向にあります。しかも、ワキは刺激に敏感なため、より肌に痛みを感じやすい部位となっています。

ただし、ワキの医療脱毛の場合、脱毛する範囲が狭いため、施術時間は他の部位に比べると短時間で済みます。そのため、痛みを感じても短時間であれば我慢できるという方も多くいらっしゃいます。

VIO

VIOは骨に近く皮膚が薄い部分となるため、医療脱毛の照射で痛みを伴いやすい傾向にあります。また、VIOのムダ毛は毛量が多く毛質も硬く太いことから、医療レーザーが反応しやすく痛みが生じやすい部位です。

また、生理前後の肌は敏感になるため、通常時のVIO脱毛よりも痛みを感じやすい傾向にあります。なるべく痛みを伴いたくない方は、生理前後での脱毛は控えると良いでしょう。

毛が濃い部分程メラニン色素が濃いため、医療脱毛は痛みを伴う傾向にあります。
しかし、顔の産毛は細い毛でありながらも、痛みを感じやすい部位として知られています。

顔の医療脱毛が痛みを感じやすい理由としては、顔の皮膚が薄く、医療レーザー照射で刺激を強く感じやすいという点があげられます。

特に顔の中でも産毛の多い鼻下は、皮膚が薄く粘膜に近いため、痛みを生じやすい傾向にあります。また、骨がすぐ近くにあるも、医療レーザー照射によって骨が響きやすくなり、痛みを感じる方が多い部位です。

医療脱毛の痛みを軽減する方法は?

医療脱毛を受ける際に、痛みを感じにくくする方法もあります

医療脱毛は痛みを伴いやすいぶん、効果の高い脱毛方法です。ですが、いくら効果が高いと分かっていても、できれば痛い思いはしたくないですよね。
そこで続いては、医療脱毛の痛みを軽減する方法を紹介します。痛みに不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

生理前後や体調不良時の施術は避ける

生理前後はホルモンバランスが崩れやすく、皮膚が敏感な状態です。また、体調が優れない状態のときも、皮膚が刺激を感じやすくなっています。

生理前後や体調不良時は、通常時よりも脱毛の痛みを感じやすく、肌トラブルのリスクもあるため、できれば医療脱毛の施術は避けるようにしましょう。

施術する部位は保湿をしっかりとする

肌が乾燥していると、医療脱毛では痛みを伴いやすくなります。そこで、施術を受ける部位はしっかりと保湿を行っておくことが大切です。

また、施術後の肌は非常にデリケートな状態となっているため、しっかりと保湿をすることで、施術後の肌の痛みを軽減することにつながります。

医療脱毛を考えている方は、日頃から保湿を行い、肌を労わるようにしましょう。

施術前に肌を冷やしてもらう

医療脱毛を行う際、肌がしっかりと冷却されることで痛みを感じにくくなる傾向にあります。そこで、医療脱毛の痛みが気になる方は、施術前に肌を冷やしてもらえるクリニックを選ぶと良いでしょう。

ルシアクリニックで用いている医療脱毛機である「ベクタス」「ジェントルマックスプロ」も、独自の冷却機能で肌ダメージを少なく施術することができるため、肌の弱い方でも利用することができます。

痛みを伴いにくい脱毛機を選ぶ

医療脱毛では、脱毛をする部位によって、医療脱毛機を使い分けることも痛みを軽減する方法のひとつです。

医療脱毛機には、高出力のレーザーを用いてメラニン色素を狙って脱毛する「熱破壊式脱毛機」と、低出力のレーザーで毛に熱をあてて毛根にあるバルジ領域を破壊する「蓄熱式脱毛機」の2種類があります。特に痛みを伴いにくい脱毛機は、熱破壊式脱毛機よりも、蓄熱式脱毛機と言われています。

しかし、蓄熱式脱毛機はレーザー照射の威力が弱く、まだ歴史の浅い脱毛機でもあるため、確実に永久脱毛できるとは言い切れません。

ルシアクリニックでは脱毛効果を重視しているため、蓄熱式脱毛機に比べて痛みを強く感じる傾向にある熱破壊式脱毛機を採用しています。しかし、ルシアクリニックでは、「ジェントルマックスプロ」「ジェントルレーズプロ」「ベクタス」という3種類の医療レーザー脱毛機のなかから自分に合った医療脱毛器を使って施術が受けられるため、痛みを軽減した施術を行うことが可能です。

また、産毛から濃い毛まで対応できるだけではなく、日焼け肌や色黒の方でも安心して施術を受けることができます。

医療脱毛の痛みが不安な方は、ぜひルシアクリニックに相談ください

ルシアクリニックには医療脱毛機は3種類のレーザーが揃っています。肌が弱い方でも、自分の肌質や毛質に合わせた脱毛を受けることができるだけではなく、冷却システムの備わった脱毛機を使用すれば、最小限の痛みで医療脱毛を行うことが可能です。

また、ルシアクリニックでは医療脱毛の痛みが不安な方に向けて、カウンセリング時に医療脱毛機のテスト照射を行っているため痛みの程度をあらかじめ知った上で施術を受けることができ、どうしても痛みに我慢できないという方へは表面麻酔の処方も行っているため、施術時の痛みを解消することも可能です。

医療脱毛は痛みを伴う施術ですが、その分一度の照射でムダ毛が生えなくなる永久脱毛が可能です。医療脱毛の痛みに不安を感じている方は、ぜひルシアクリニックにご相談ください。

2021.01.08 ※掲載価格はすべて税込価格です

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中