毛嚢炎(もうのうえん)とは?原因や治療法

毛嚢炎(もうのうえん)とは?原因や治療法

肌トラブルの1つとして知られる「毛嚢炎」は、一見、ニキビや吹き出物に見えるものですが、医療脱毛後の肌にも発症することがあります。
そこで、今回は毛嚢炎とは何か、毛嚢炎の原因や発症した際の治療法などを紹介します。万が一毛嚢炎になった際は、すぐに医師にご相談ください。

毛嚢炎(もうのうえん)とは

毛嚢炎とは、毛穴の奥の毛根を包んでいる部分(毛包・毛嚢)に起こる炎症で、毛包部にできた小さな傷から細菌に感染することで発症します。

医療脱毛の後、赤みを帯びた発疹や、周囲が赤く膿を含んだ発疹が見られた場合には毛嚢炎の可能性が考えられるため、患部は清潔にしておくことが大切です。

毛嚢炎は全身のどこにでもできますが、特に首の後ろや太もも、臀部、陰部など、全身の中でも特に手が届きにくく、お手入れがしづらい部分にできやすい傾向にあります。

毛嚢炎(もうのうえん)の症状

毛嚢炎は1つだけポツリとできることもありますが、多発することもあります。

毛穴のある位置が赤みを帯びていたり、毛穴の中央に膿を持った皮膚の盛り上がり(膿疱)がみられたり、また軽い痛みを伴うこともあります。

毛嚢炎が悪化すると、「せつ」と呼ばれる膿疱が硬いしこりのようなものとなり、はっきりとした痛みや熱を伴い、強い赤みを生じます。
そして、さらに毛嚢炎が悪化すると、隣り合う複数の毛包に炎症が広がり、「よう」と呼ばれるようになります。ようは、せつよりもさらに強い痛みを伴い、発熱や体調不良まで引き起こすため注意が必要です。

毛嚢炎(もうのうえん)の原因

毛嚢炎(もうのうえん)の原因

毛嚢炎は肌のバリア機能が低下することによって、毛穴から黄色ブドウ球菌などが入り込み、発症すると言われています。
肌のバリア機能を維持するためには肌のターンオーバーが正常であることが大切ですが、睡眠不足や血行不良、食生活の乱れなどによって肌のターンオーバーが乱れると、肌のバリア機能は低下してしまい、毛嚢炎のリスクが高まります。

また、毛嚢炎は医療脱毛が原因で発症する可能性もないわけではありません。なぜなら、医療脱毛で用いる医療脱毛器は、毛根に照射する際に肌のバリア機能まで一緒に破壊してしまうことがあるため、それが原因で毛穴に細菌が入り込み、毛嚢炎を引き起こす可能性があるからです。
つまり、毛嚢炎を予防するには、医療脱毛を行った後、適切なケアで保湿を行う必要があると言えます。

もちろん医療脱毛だけではなく、カミソリや電気シェーバーを使ってムダ毛を自己処理する場合にも、適切な自己処理の方法やケアを行わなければ、毛嚢炎が起こる可能性は十分ありますので、注意しておきましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)の治療

毛嚢炎の数が少ないときは自然に治ることが多いため、特に治療の必要はないとされていますが、毛嚢炎による痛みがあるときや数が多い場合では、抗菌薬の内服や外用薬を用いることもあります。

比較的安全性の高い医療脱毛でも、稀に毛嚢炎などの肌トラブルを生じることがあります。
ルシアクリニックでは、医療脱毛の施術後に、毛嚢炎をはじめとした肌トラブルが起きてしまった場合には、すぐに医師が診察をさせていただきます。診察によって必要な内服薬などが処方されますが、ルシアクリニックで医療脱毛コースをご契約の方は、再診料もお薬代もすべて無料で対応させていただきますので、毛嚢炎は放置せず、適切な治療を行っていきましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)を予防するには

毛嚢炎を予防するには、常日頃から皮膚を清潔に保つことが大切です。肌が触れる衣服や寝具は清潔にして、細菌による感染リスクを抑えるようにしてください。
さらに医療脱毛の後は、皮膚バリアが低下しないようにたっぷりと保湿を行いましょう。

ただし、医療脱毛の施術当日の保湿クリームの使用は、脱毛効果に影響をきたす可能性があることから控えておくことをおすすめします。医療脱毛の施術前日と、医療脱毛の施術翌日の保湿はとても重要ですので、十分な保湿を心掛けるようにしましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)についてよくある疑問

毛嚢炎についてよくある疑問

ここまで、毛嚢炎の原因や治療、予防方法について紹介してきました。ここからは、毛嚢炎についてよくある疑問について、まとめて回答していきます。

毛嚢炎はうつる?

毛嚢炎は細菌による炎症のため、他の人からうつるのではないか、逆に自分が他の人にうつしてしまうのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。
ですが、毛嚢炎は自分の肌のバリア機能が低下した状態のときに、細菌の感染が原因で起こる炎症などの症状のことです。他人にうつすものではありませんので安心してください。
ただし、自分の肌の場合は、他の部位に毛嚢炎がうつることがありますので、注意しておきましょう。

毛嚢炎は市販薬でも治る?

1つだけポツリとできてしまった毛嚢炎のために、わざわざ病院に行くのは面倒だと考える方もいらっしゃるでしょう。毛嚢炎は市販薬で治すこともできるのでしょうか。
1つだけポツリと毛嚢炎ができてしまった場合、特別な治療をしなくとも、自然に治ることがほとんどです。そのため、医療機関を受診しなくても、オロナインなどの市販薬で治ることもあります。

ただし、毛嚢炎に痛みがあるときや、できてしまった毛嚢炎の数が多い場合には、症状がより悪化する前に医療機関を受診することをおすすめします。医療機関に受診することで、適切な内服薬や外用薬が処方されるため、市販薬よりも早く毛嚢炎を治すことができるでしょう。

ルシアクリニックの場合は、クリニックの医師がしっかりと診断し適切な治療を行います。診察料もお薬代も無料ですので、市販薬を買うよりも費用がかかりません。どんな小さな毛嚢炎でもお気軽にご相談ください。

毛嚢炎を放置するとどうなる?

痛みがないから、数が少ないから…と、毛嚢炎を放置する方もいらっしゃるかもしれません。
軽度の毛嚢炎であれば、一週間程で自然治癒するケースがほとんどですので、毛嚢炎を放置したとしても、それほど問題にはならないでしょう。痕が残ることもありません。

しかし、毛嚢炎が悪化し、痛みがあったり、数が増えたり、膿を持ったりという場合には、放置するのではなく、早めに医療機関を受診することをおすすめします。
悪化した毛嚢炎を放置すると、さらに悪化する可能性や、痕が残ってしまう可能性も考えられます。
医療機関で処方された外用薬や内服薬を使うことで、悪化してしまった毛嚢炎も3日~4日前後で症状が改善されていくでしょう。

せっかく医療脱毛したのに肌に痕が残ってしまっては、元も子もありませんよね。医療脱毛後に毛嚢炎を生じた場合は、早めに治療を行って、痕が残らないようにしていきましょう。

毛嚢炎をつぶすとどうなる?

できてしまった毛嚢炎は、絶対につぶさないようにしましょう。
毛嚢炎を潰してしまうと治りが遅くなるだけではなく、炎症が悪化して痕が残ることもあります。また、毛嚢炎をつぶしたときに出る浸出液が周りの皮膚につくと、毛嚢炎は伝染しながら広がる可能性があります。
毛嚢炎ができてしまったときは、無理矢理つぶすようなことはせず、患部を清潔に保ちながら、医療機関を受診しましょう。

ルシアクリニックでは毛嚢炎(もうのうえん)にもすばやく対処

ルシアクリニックでは医療脱毛で生じた毛嚢炎にもすばやく対処させていただきます。 医療脱毛コースをご契約の方は医師による再診料および薬の処方も無料のため、料金も気にせず受診することができますよ。毛嚢炎は軽度であれば自然に治るものですが、悪化をすると痕が残ってしまう可能性があるため、毛嚢炎のような肌トラブルを生じた際は、すぐに医師の診察を受け、適切な治療を行うようにしましょう。

2020.11.25 ※掲載価格はすべて税込価格です

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中