シミはセルフケアで治せる?スキンケアで改善できるシミとは

シミはセルフケアで治せる?スキンケアで改善できるシミとは

できてしまったシミを消すには、皮膚科や美容クリニックなどで治療を受けるしかないと考えている方も多いかもしれません。しかし、シミはセルフケアでも改善できることがあります。
今回は、セルフケアで治せるシミの種類やセルフケアの方法を紹介します。シミの種類によっては自己流でセルフケアすると悪化してしまうこともあるので、そうした場合の対処法についても解説していきます。

セルフケアで改善できるシミの種類

セルフケアで改善できるシミは、紫外線が原因でできる老人性色素斑や、遺伝が原因でできるそばかす(雀卵斑)です。

シミやそばかすの正体は紫外線から肌を守るために生成されるメラニンで、本来であれば肌のターンオーバーに合わせて体の外に排出されますが、年齢を重ねることで肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、排出されずに留まったメラニンが色素沈着してしまい、シミという形で現れます。

そのため、セルフケアでメラニンをうまく肌から排出できるように促すことができれば、老人性色素斑やそばかすは改善されるでしょう。

シミの改善・予防に効果的なセルフケアとは

シミの改善・予防に効果的なセルフケアとは

できてしまったシミを改善するためのセルフケアには、どんな方法があるのでしょうか。
ここからは、簡単にできるシミのセルフケア方法を紹介していきます。

スキンケア用品とケア方法

すぐに行えるシミのセルフケアとしては、普段使っているスキンケア用品を、シミの改善に効果的なものに変えるという方法があります。

美白成分」と表示のあるスキンケア用品を見かけたことはあるでしょうか。美白成分とはメラニンの生成を抑えたり、肌の代謝を高めてターンオーバーを促す効果がある成分で、シミの改善に有効であると考えられています。
主な美白成分として「アスコルビン酸(ビタミンC)」や「L-システイン」「4MSK」「アルブチン」「トラネキサム酸」などがあげられるでしょう。スキンケア用品を選ぶときは、美白効果のある成分が配合された製品を選ぶことがおすすめです。

また、スキンケアを行うときに手で顔をこするのは厳禁です。肌への摩擦は皮膚のバリアを破壊するだけでなく、肌がダメージを受けたと判断したメラノサイトがメラニンを生成するきっかけにもなりかねません。スキンケアをするときは、こすらず優しくケアするようにしましょう。

食事に気をつける

シミに効果のある成分は食品にも含まれています。特に「ビタミンC」「ビタミンE」「L-システイン」「βカロテン」はシミの改善に有効な成分なので、意識して摂取するようにしましょう。

他には、「リコピン」や「セラミド」、「エラグ酸」なども美白効果があり、シミの改善に有効な成分です。栄養バランスも考えながら、上手に摂取していくのがおすすめです。

ドラッグストアで買える市販薬を試す

ドラッグストアには、シミに有効な成分が含まれた市販薬が多数販売されています。

市販薬を購入する際も、注目するのは配合されている成分です。例えば内服薬を購入するときは、「L-システイン」や「アスコルビン酸」、「トラネキサム酸」などの美白に有効な成分複数配合されているものを選びましょう。また、「医薬部外品」ではなく、「医薬品」と表記のある製品を購入するのもポイントです。

塗り薬などの外用薬を購入するときも、「トラネキサム酸」などが配合されたものを選びましょう。

内服薬も外用薬も、使用し始めてすぐに効果が出るわけではありません。時間をかけて徐々に改善していくので、気長に継続していくことが大切です。

自己流のセルフケアがNGのシミもある!

セルフケアがNGのシミとは?

女性ホルモンの乱れが原因でできる肝斑というシミは、セルフケアの方法によっては悪化する可能性があります。そのため、シミが肝斑かそうでないかを判断する必要があるでしょう。

肝斑は頬や鼻を中心に、稀にアゴ先までの広い範囲にできることがあります。肝斑は複雑な形状をしており、薄茶色でぼやけた輪郭なのが特徴です。老人性色素斑やそばかすのように、楕円形や斑点状といった特徴的な形状はありませんが、基本的に左右対称に現れます。ただし、紫外線の影響を受けて左右で形が異なる場合もあるため、確信を持てない場合は専門医に診断してもらう方が良いでしょう。

また、シミの場所に痛みがある場合や、元々は平らな部分にあったのに盛り上がってきたシミなどは別の病気も隠れている可能性があるため、専門医を受診するようにしてください。

シミを消すにはレーザー治療もおすすめ

セルフケアでは悪化する可能性があったり、何か他の病気が潜んでいる可能性があるシミは、医療美容クリニックや皮膚科で治療を受けるのがおすすめです。
ここからは、医療美容クリニックで受けられるシミ治療について紹介していきます。

シミレーザー

一般的なシミには、シミレーザーでの治療が有効です。老人性色素斑の中に少し盛り上がりがあったり、ザラザラしたりしているものは、脂漏性角化症を併発している可能性もあります。老人性色素斑も脂漏性角化症もレーザー治療が適応可能です。ただし、肝斑はシミレーザーで治療を行うと悪化する可能性があるため、しっかりと見極めて治療法を選びましょう。

ポテンツァ ニードルRF

肝斑に悩んでいる方におすすめの治療法は「ポテンツァ ニードルRF」です。従来の肝斑治療は、ごく微弱な威力でレーザーを当てるレーザートーニングという方法しかありませんでした。そのため、治療を進めていくと薄く目立たなくなるものの根治は難しく、治療を止めると再発してしまうことがありました。

しかし、ポテンツァ ニードルRFは、肝斑の原因となるメラニンを作るメラノサイトに直接働きかけることで、肝斑の根治治療も可能になりました。

ポテンツァ ニードルRFを肝斑治療に用いる場合は、2週間ごとの通院で5~6回の照射が必要となります。

内服薬

シミの治療には、シミに効果のある内服薬を処方してもらう方法もあります。
ルシアクリニックでは美肌内服セットという4種類の内服薬をセットで処方しています。

  • シナールメラニンの抑制コラーゲンの生成を促すなど、さまざまな効果がある。
  • トラネキサム酸肝斑の改善に高い効果を期待できる。
  • ユベラ…強い抗酸化作用があり、エイジングケアに効果的。
  • タチオン…美肌や美白に高い効果があるグルタチオンを主成分としている。

これら4種類の内服薬で構成されており、美肌や美白に有効なセットです。
それぞれ個別での処方も可能ですが、4つを同時に服用することで相乗効果が期待できるため、セットでの処方がおすすめです。3ヶ月~半年服用を続けると効果を実感できるでしょう。

シミのセルフケアは正しい方法で!

シミのセルフケアは、スキンケア用品や食事、内服薬などで行えます。ただし、スキンケアの際に肌をゴシゴシ擦ってしまったり、内服薬を正しく服用し続けなかったりすると、効果を得られないどころか悪化してしまう可能性もあります。

また、自己流のセルフケアは避けた方が良いシミもあるため、判断に迷ったときは専門医に指示を仰ぐのがおすすめです。
セルフケアは避けた方が良いシミや、なかなか消えないシミができてしまった場合は、ルシアクリニックにご相談ください。シミの症状に合わせた適切な治療をご提案いたします。

SHARE

この記事をシェアする

関連記事

もっと見る