医療脱毛中に日焼けしてはいけない理由は?どれくらいならOK?

医療脱毛中に日焼けしてはいけない理由は?どれくらいならOK?

医療脱毛をするなら「日焼けしてはいけない」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。実は、医療脱毛中に日焼けをしてしまうと、さまざまなトラブルが発生する原因となってしまいます。
今回は、医療脱毛中に日焼けしてはいけない理由や、どの程度の日焼けならOKなのか、医療脱毛中の日焼け対策などを紹介します。

医療脱毛の施術前は日焼けしてはいけない?

医療脱毛の施術前は、日焼けに注意が必要です。
まずは、なぜ医療脱毛中に日焼けしてはいけないのか、どの程度の日焼けならOKなのかを紹介します。

医療脱毛に日焼けは厳禁

医療脱毛で使われるレーザー脱毛機は、メラニン色素に反応する特性を持っています。日焼けによってメラニン色素が沈着した肌では、レーザーによる熱で皮膚に火傷を負う可能性があるのです。
また、日焼けした直後の肌は非常に敏感です。日焼け直後や日焼けした黒い肌に医療脱毛を行うことで肌トラブルを生じる可能性があるため、医師によって危険だと判断されると施術が受けられない場合もあります。
医療脱毛の施術を受けている期間中は、日焼けをしないように注意してください。

医療脱毛前の日焼けはどの程度ならOK?

日焼けしてしまった肌

医療脱毛の施術前だからといって、完全に日焼けを防ぐのは難しいですよね。
日常生活を送るうえで避けられない程度の日焼けであれば、医療脱毛の施術前でも問題のないことが多いです。
しかし、日焼けによって肌が火傷した状態で赤くなっていたり、明らかに日焼けして黒くなったりしている場合は、医療脱毛を受けることが難しいケースもあります。
特に、医療脱毛を予定している部位の日焼けについては、できるだけ避けることが望ましいでしょう。医療脱毛しない部位の日焼けであれば、原則として施術に影響することはないので安心してください。

医療脱毛の施術後も日焼けは避けるべき?

医療脱毛では、施術前だけではなく施術後の日焼けにも注意が必要です。
続いては、医療脱毛の施術後に日焼けをしてはいけない理由や、どれくらいの期間日焼けを避けるべきなのかを紹介します。

医療脱毛後も日焼けは厳禁

医療脱毛後の肌は、普段よりも敏感な状態です。敏感な状態の肌は、日焼けによってシミや色素沈着といった肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

また、医療脱毛は何度も施術を繰り返す必要がありますが、日焼けをすると軽い日焼けでも肌の色が戻るまでに1ヶ月~2ヶ月程度かかるため、次の施術ができるようになるまでに時間がかかってしまうことになります。

医療脱毛では、施術前だけでなく施術後も日焼けには注意しましょう。

医療脱毛後の日焼けNG期間はどれくらい?

医療脱毛後の肌はとてもデリケートな状態のため、日焼けは極力避けなければいけません。医療脱毛後は、少なくとも2週間程度は日焼けしないように肌を休めておきましょう。
長時間の外出時は必ず日焼け止めや日傘などを使って、日焼けしないように心がけてくださいね。

ルシアクリニックは日焼け肌への脱毛も可能

医療脱毛では日焼けに注意が必要なことを紹介してきましたが、ルシアクリニックでは、日焼けした方やもともと肌の色が黒い方への医療脱毛施術にも対応しております。

ルシアクリニックが採用する医療脱毛機「ベクタス」は、日焼けした肌にも対応した医療脱毛レーザーです。ベクタスにはメラニンを計測する「メラニンチェッカー」が搭載されており、肌に合った最適な出力で施術を行うことが可能です。施術時間も非常に短く、日焼け肌だけではなく、ニキビ肌やアトピー肌、顔などの色素の薄い産毛まで脱毛効果を発揮します。

また、ルシアクリニックでは肌に負担のない安全な照射を行うために、目視だけではなく、肌トーンとメラニンチェックを行う機器も使用して、一人ひとりに適したパワー調整を行うようにしています。

医療脱毛によって万が一肌トラブルが生じた場合も、ルシアクリニックでは医師の診察、薬の処方代、アフターケアなどもすべて無料となっており、追加料金は一切頂きません。

医療脱毛中におすすめの日焼け対策とは?

ルシアクリニックでは、日焼けした肌への施術が可能な医療脱毛機を採用しています。
しかし、あまりにも日焼けがひどい場合、肌へのダメージが強くなることから、施術をお断りさせていただくこともございます。
どのようなレーザー脱毛機を使ったとしても、肌への負担を軽減するためには、日焼けを避けることがおすすめです。
そこで続いては、医療脱毛中におすすめの日焼け対策を紹介します。

日焼け止め

日焼け止めクリーム

日焼けを直接防ぐなら、日焼け止めクリームを塗ることをおすすめします。

ただし、施術後の肌は敏感になっているため、刺激が強い物質が含まれがちな日焼け止めは避けるようにしましょう。肌トラブルを避けるためにも、日焼け止めを塗る場合は、自分の体質に合った適度な強さの日焼け止めを使ってくださいね。

また、医療脱毛の施術当日は、日焼け止めを塗っていると脱毛レーザーが正しく毛根に反応できないことがあるため、日焼け止めは塗らないように注意してください。

帽子やアームカバー

帽子

日焼けしにくい部位の施術の場合は、日焼けを気にする必要はありません。

しかし、腕など日焼けしやすい場所の脱毛や広範囲な部位での施術をする場合は、全身を紫外線から守る日焼け対策を行う必要があります。

日焼け対策としては、帽子やアームカバー、日傘などがおすすめです。

医療脱毛後に日焼けしてしまったときの対処法

日焼け対策を行っていても、どうしても日焼けをしてしまうこともあります。

医療脱毛後に日焼けをしてしまった場合、まずは肌を冷やすようにしましょう。冷やすことで、日焼けで生じた炎症やほてりを抑えることができます。

また、日焼けをした肌は乾燥しやすくなるため、保湿をしっかり行うことが大切です。保湿成分をたっぷり含んだ化粧水やクリーム、乳液などで念入りにケアすることをおすすめします。

他にも、日焼け後はビタミンCなど肌に効果がある栄養素を積極的に摂ると良いでしょう。ビタミンCは生成されたメラニンを還元する作用があるため、日焼けからの回復を早める効果があります。

日焼け肌の脱毛のことなら、ルシアクリニックにご相談ください

医療脱毛クリニックによっては、日焼けして黒くなった肌の方は施術を断られてしまうこともあるでしょう。
しかし、ルシアクリニックでは3種類の医療脱毛機によって患者様一人ひとりの肌質に合わせて施術を行っているため、日焼けした肌でも安全に医療脱毛を行うことが可能です。
日焼け肌の医療脱毛による肌トラブルが生じても、すぐに医師による診察や薬の処方などアフターケアも無料で行っています。日焼け肌で医療脱毛を考えている方は、ぜひルシアクリニックにご相談ください。

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中