硬毛化(こうもうか)・増毛化(ぞうもうか)とは?

硬毛化(こうもうか)・増毛化(ぞうもうか)とは?

医療脱毛の施術を受けた後、ごく稀にですが、「硬毛化(こうもうか)」「増毛化(ぞうもうか)」といった肌トラブルを生じることがあります。しかし、硬毛化も増毛化も耳慣れない言葉であるため、一体どんな肌トラブルなのか、よく分からないという方も多いでしょう。
そこで今回は、医療脱毛の施術後に起こる硬毛化や増毛化といった肌トラブルに焦点を当て、硬毛化や増毛化の原因や起こりやすい部位、起こる確率や防ぐ方法などを紹介していきます。医療脱毛による硬毛化や増毛化に対して不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

硬毛化(こうもうか)とは

硬毛化(こうもうか)とは、医療脱毛の施術を受けることによりムダ毛の本数自体は減るものの、施術を受けた後の毛が、施術前よりも太くて硬い毛に変わってしまう現象のことをいいます。目立つことのなかった薄くて細い産毛が、脇毛やアンダーヘアのような硬い毛質に変わってしまう現象というと分かりやすいでしょうか。
硬毛化は医療脱毛の施術が原因でごく稀に起こってしまう現象です。
そこでまずは、医療脱毛によって硬毛化はなぜ起こるのか、どんな部位が起こりやすいのかなどについて、解説していきます。

硬毛化の原因

医療脱毛によって硬毛化が起きる原因は、未だ医学的根拠による解明がされていませんが、脱毛によって十分に破壊されなかった毛根が、脱毛の熱で活性化されることが原因ではないかと考えられています。
医療脱毛で使用する医療レーザー脱毛器は、メラニン色素が濃い太い毛に反応しやすい反面、産毛などのメラニン色素が薄い毛には十分に熱が加わりにくい特徴があります。
黒くて太い毛ほど効果が高く、細くてメラニン色素が薄い毛ほど脱毛がしづらいため、産毛のような細い毛ほど、より硬毛化する可能性があるのです。

硬毛化が起こりやすい部位

医療脱毛による硬毛化が特に起こりやすい部位としては、細くてメラニン色素が薄い毛が多い部位があげられます。特に医療脱毛では、襟足(うなじ)・背中・肩・二の腕・お尻といった部分に硬毛化の報告例が多くなっています。
これらの部位は、医療脱毛でもなかなか毛根に十分なエネルギーを与えづらい部位でもあります。

ただし、前述のとおり、医療脱毛によって硬毛化が起きる原因は、未だ医学的根拠による解明がされていないため、上記の部位以外でも硬毛化のリスクがあることには変わりはありません。

硬毛化が起こる確率

硬毛化が起こる確率ですが、世界規模のデータでは硬毛化が発生する割合は7~8%と言われており、日本のクリニックやサロンでの統計では1%程度の割合で硬毛化になるとされています。
全く硬毛化が起こらないというわけではありませんが、日本の医療脱毛では硬毛化する可能性は低いと考えられています。つまり、医療脱毛による硬毛化に対しては、あまり神経質になりすぎる必要はないと言えるでしょう。

増毛化(ぞうもうか)とは

硬毛化だけではなく、医療脱毛では、増毛化(ぞうもうか)という肌トラブルが起こることもあります。

増毛化とは、医療脱毛の施術後に、毛の量が減るのではなく逆に毛の本数が増えてしまう肌トラブルのことをいい、普段は発毛が見られない毛穴からも毛が生えることで、脱毛前よりもムダ毛が増えたように見える現象です。

残念なことに、増毛化も硬毛化と同様に医学的根拠のある原因は未だ解明されていません。しかし、硬毛化と同じく、医療脱毛によって刺激された毛根周囲組織の活動が破壊されず、逆に毛根が活性化されてしまった結果、増毛化が起きるという見解が一般的となっています。
増毛化が生じやすい部位も、硬毛化と同様に、襟足(うなじ)や背中、肩や二の腕、お尻といった薄くて細い毛が多い部位となっています。

また、日本で増毛化が生じる確率ですが、こちらも硬毛化同様、日本では1%程度と低い傾向にあります。それほど神経質になる必要はありませんが、硬毛化や増毛化といった現象が起こる可能性もゼロではないことを知っておきましょう。

硬毛化・増毛化を防ぐ方法

硬毛化・増毛化が起きる確率は1%程度と低いものです。
しかし、せっかく医療脱毛を行うのであれば、硬毛化や増毛化などの肌トラブルはできるだけ避けたいところですよね。

硬毛化・増毛化をできるだけ避けるためには、出力の強い医療レーザー脱毛器を選ぶのがおすすめです。硬毛化・増毛化は出力が弱い脱毛器を使用するほど起こりやすいと考えられています。医療脱毛で使用するレーザー脱毛器と、エステ脱毛で使用する光脱毛レーザー器を比べると、医療脱毛器の方がレーザーの出力が高くなっています。

また、硬毛化・増毛化を避けたいのであれば、肌質・毛質に合わせて脱毛器を使い分けている医療脱毛クリニックを選ぶのもよいでしょう。レーザー脱毛器は種類によってレーザーの波長の長さが異なるため、硬毛化や増毛化した肌に効果的な波長のものもあると言われています。

医療脱毛をする際は、医療脱毛クリニックで用いられている医療脱毛器にも注目して選ぶようにしましょう。また、不安な方は、万が一硬毛化、増毛化が起きてしまったときの対処法についても、カウンセリングなどで確認しておくと良いですね。

ルシアクリニックの硬毛化・増毛化への対応

ルシアクリニックでは硬毛化・増毛化といった肌トラブルを防ぐために、以下のような対応を行っています。

3種類の脱毛レーザー器を肌質・毛質に合わせて使い分ける

ルシアクリニックでは3種類の医療脱毛レーザー器を採用し、施術を受ける方の肌質・毛質に合わせて使い分けています。また、黒くて太い毛だけでなく、色素が薄くて細い産毛のような毛も綺麗に脱毛することができる医療脱毛レーザー器や、万が一硬毛化・増毛化してしまった毛の毛根にも届く医療レーザー脱毛器もあるため、状態に合わせて適切な対応をさせていただきます。

高い技術を持った医療従事者が施術を行う

ルシアクリニックでは高い技術を持った医療従事者が施術を行い、硬毛化や増毛化などの肌トラブルが起こらないように細心の注意を払っています。さらに、肌に負担の少ない安全な照射を行うためにも、目視だけではなく、肌トーンとメラニンをチェックする機器を取り入れ、一人ひとりに合わせたパワー調節をしながら施術を行います。

もちろん、医療脱毛の施術前には、無料カウンセリングと合わせて医師による肌チェックを行いますので、安心して施術を受けることができるでしょう。硬毛化や増毛化が不安な方は、無料カウンセリングや医師の診断を受ける際に、どうぞお気軽にご相談ください。

また、ルシアクリニックでは、医療脱毛後に万が一、硬毛化や増毛化などの肌トラブルが起きてしまった場合、診察料や治療費はすべて無料で、すぐに医師の診察を受けることができます。

硬毛化・増毛化に対する不安はルシアクリニックにご相談ください

硬毛化・増毛化は医学的根拠のある原因が未だ解明されていません。そのため、医療脱毛による硬毛化・増毛化に対して不安を持たれる方も多いことでしょう。

ルシアクリニックでは医療脱毛に関する不安も、無料カウンセリングで相談することが可能です。また、ルシアクリニックで医療脱毛後に万が一、硬毛化や増毛化が起こった場合は、医師による無料の診察と治療を行っています。

医療脱毛による硬毛化や増毛化といった肌トラブルに対して不安がある方は、ぜひお気軽にルシアクリニックにご相談ください。

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中