医療脱毛に注意点はあるの?(脱毛前・脱毛後)に分けて解説

医療脱毛に注意点はあるの?(脱毛前・脱毛後)に分けて解説

医療脱毛は、医師の管理の元で行う安全性の高い脱毛方法ですが、施術前や施術後にはいくつかの注意点があり、施術当日までの生活でも気をつけるべき点が多々あります。脱毛前日の準備や脱毛後のアフターケア次第で肌トラブルのリスクや脱毛の効果も変わってきます。脱毛当日はスムーズに施術を受けられるように、各自でしっかりと準備をしましょう。
ここでは、医療脱毛の注意点として「脱毛前」「脱毛後」に分けてお話しいたします。

脱毛前の注意点

施術前日までには必ず、施術を受けるすべての部位の剃毛が必要です

医療脱毛を行うにあたり、脱毛の施術前日から当日にかけての準備が必要です。間違った方法で準備を行うと肌トラブルの原因になる可能性もあるので注意が必要です。脱毛の効果にも関わるので順番に確認していきましょう。

必ず自己処理を行う

自己処理をせずに、ムダ毛が長いまま施術を受けると火傷のリスクが高くなるので注意が必要です。また、毛根から毛先にかけて熱エネルギーが分散されるため、自己処理をせずに施術を受けると十分な脱毛効果が得られません。

施術前日までには必ず、施術を受けるすべての部位の剃毛をお願いします。

手が届かない部位の自己処理について

ワキや腕・足、お腹、Vラインなどは自己処理に手間取ることはありませんが、背中や襟足(うなじ)、Iライン、Oラインは、手が届きにくく見えない部分になるため自己処理中に傷つけてしまう可能性もあり、どこまで処理をすれば良いか解らない!という方が大勢います。手が届きにくい場所は無理に自己処理を行わなくても大丈夫です。多少の剃り残しであれば、施術前にスタッフが処理を行います。ただし、明らかな剃り忘れなど、故意に自己処理をせずに来院された場合は、別途剃毛代をいただくことになります。さらに、剃毛に時間がかかる場合は脱毛照射の時間が短縮されるケースもあるのでご注意ください。

毛抜きでの自己処理はNG

事前に自己処理を行う際は、毛抜きワックスでの処理は避けてください。これらの方法は埋没毛や毛嚢炎の肌トラブルのリスクがあるだけではなく、脱毛効果が低下する可能性があります。さらに毛嚢炎は、毛穴に炎症が起きた状態なのでそれが治るまでは、施術を受けられなくなります。

医療脱毛のレーザーは黒いメラニン色素を通じて毛を作る組織を破壊するため、毛抜きやワックスで毛の根元から引き抜くと、黒いメラニン色素にレーザーが反応することができなくなり結果的に必要な施術回数が増えてしまう恐れがあります。

万が一、毛抜きやワックスで自己処理をしてしまった場合は、毛が生えて来るのを待ち改めて照射の予約を行うことをおすすめします。

日焼けには注意が必要

医療脱毛のレーザーは黒いメラニン色素に反応するため、日焼けをしてしまうと肌の黒さにレーザーが過剰に反応していまい、火傷を起こしやすくなってしまいます。そのため日焼けが目立つ肌には施術を行うことができません。しっかり日焼け対策をして万全な肌の状態でご来院ください。

制汗剤の使用は避けるべき?

施術当日と施術後1週間は制汗剤の使用をお控えください。脱毛前に制汗剤を使用すると、毛穴が塞がったり引き締まったりしてしまい、毛穴の奥まできちんとレーザーが届かず脱毛効果が低くなる可能性があります。

また、脱毛後のお肌はとてもデリケートなので、制汗剤の刺激により赤みや痒みなどの肌トラブルが続くことがあります。

激しい運動や飲酒後の施術

激しい運動アルコールの摂取後は、体温が上がり血行が良くなっているので肌に赤みやかゆみが出たり、火傷などのトラブルが起きる可能性があります。

施術後の体調不良につながる恐れもあるため、脱毛前の激しい運動や飲酒は避けてください。

生理中の場合、脱毛はできるの?

生理中不正出血がある場合は、VIO・お尻への照射はお受けできません。また、生理中はお肌が敏感になっているため、その他の部位も痛みを感じやすくなっています。痛みが気になる方は生理中の照射はお控えください。

薬の服用や予防接種

薬の種類によっては副作用が出てしまう可能性があるので、薬を服用中の方は必ずスタッフにご相談ください。また、予防接種後は、肌が敏感になったり注射した箇所が腫れたりすることがあり、敏感になった皮膚に医療脱毛で刺激を与えると、肌トラブルや体調不良の原因となる可能性があるため、予防接種の前後2週間はご予約を避けてください。

脱毛後の注意点

脱毛後のアフターケアを怠ったり、間違ったケアを続けると肌トラブルのリスクが高くなります。

脱毛後の肌は大変敏感でデリケートになっています。アフターケアを怠ったり、間違ったケアを続けると肌トラブルのリスクが高くなります。肌トラブルが起きると一時的にレーザー照射を中断せざるを得ない場合もあるので注意が必要です。脱毛後のケアは脱毛の効果にも関わるので、順番に確認していきましょう。

しっかりと保湿をする

脱毛後の肌は、レーザーの熱により水分が奪われ乾燥しやすい状態になっています。施術直後にはクリニックでも十分に保湿は行いますが、自宅でもローションやボディクリームなどで普段より入念に保湿を行うようにしてください。十分に保湿がされておらず乾燥が酷い場合は、施術時に強い痛みを感じることがあるので、こまめな保湿が重要となります。

施術当日は入浴を控える

入浴をすると全身の血行が良くなるので、照射後のヒリヒリ感赤みむくみの治まりが遅れたり、悪化してしまうなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。施術当日は湯船に入らずに、シャワーのみで済ませてください。また、施術部位はゴシゴシと刺激を与えるような洗い方はせずに、たっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。

激しい運動や飲酒は控える

施術前同様に、施術後も数日間は激しい運動や飲酒を控えましょう。体温が上がり肌の血行が良くなることで、赤みかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

日焼けは控える

施術後の肌は、レーザーの熱によりとても敏感になっています。肌に日が当たることでさらに熱が加わると炎症のリスクが高くなるため、忘れずに紫外線対策を行いましょう。

特に紫外線の強い夏場は、日傘を使って施術した部位をできるだけ隠し、露出する部分には必ず日焼け止めを塗るようにしてください。

毛は無理に抜かない

毛穴の開きや毛嚢炎、埋没毛などの肌トラブルの原因となるため、脱毛後に抜けかけの毛や生えかけの毛を無理に抜こうとしないでください。自然に抜け落ちるのを待ちましょう。

施術できないケースもあります

過度な肌荒れなどの肌トラブルがある場合は、レーザーの照射をお断りすることがあります。日焼けがひどい場合なども同様です。脱毛前・脱毛後の注意事項をきちんと守り、未然に肌トラブルを回避することはとても大切です。また、医療脱毛のレーザーは黒の色素に反応するため、タトゥーがある場合も場所や大きさによっては施術をお断りすることがあります。

また、医療脱毛のレーザーは黒の色素に反応する性質上、ホクロにも反応するのでホクロ除去されてしまう可能性があります。消えてほしくないホクロがある場合は照射時に申し出てください。

医療脱毛をするならルシアクリニックにご相談ください

毛の組織を破壊する脱毛方法は医療行為として認められており、医療従事者による施術が必須条件となっています。また、もしもの時の肌トラブルにも即座に対応でき、少ない回数で脱毛が完了するので肌への負担も最小限に抑えることができます。

ルシアでは脱毛経験のある女性スタッフが、皆さまにとって効果的に行っていただける脱毛プランをご提案します。ぜひ一度ご相談ください。

2021.06.07 ※掲載価格はすべて税込価格です

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中