医療脱毛の施術前に行う自己処理のやり方、おすすめの方法は?

医療脱毛の施術前に行う自己処理のやり方、おすすめの方法は?

医療脱毛の施術前には、「あらかじめ自己処理をしてきてください」と言われますよね。医療脱毛は、ムダ毛が長く残っている状態では施術を行うことができません。そのため、医療脱毛の施術前には、必ず自己処理が必要です。
そこで今回は、医療脱毛の施術前に行う自己処理の正しいやり方やおすすめの方法を紹介します。自己処理によって肌を傷つけることのないよう、ぜひ参考にしてください。

医療脱毛の施術前に自己処理が必要な理由

まずは、医療脱毛の施術前になぜ自己処理が必要なのか、その理由について説明します。
医療脱毛クリニックの中には、自己処理をしていない方の施術を断るところもありますので、施術前に行う自己処理の目的をしっかり理解しておくと良いですね。

レーザーによる熱で肌を傷つける可能性

医療脱毛は、黒い色素(メラニン)に反応するレーザーを照射し、熱を発生させることで毛の細胞にダメージを与えるという脱毛方法です。

メラニンを多く含む黒い毛が、レーザーを吸収することで熱を発します。そのため、自己処理を行わずに医療脱毛を行うと、レーザーに反応して熱を持った毛が肌に触れて火傷するなど、肌を傷つける可能性があるのです。
医療脱毛クリニックで施術前にムダ毛の自己処理を求められるのは、このような理由があるからです。

期待通りの脱毛効果が得られない

医療脱毛の施術前に自己処理が必要な理由としては、火傷などの肌トラブル以外にも、医療脱毛効果に影響を及ぼすことがあげられます。

医療脱毛レーザーは、熱によって毛根にある細胞を破壊することで永久脱毛の効果があります。しかし、自己処理をしていないムダ毛に医療脱毛レーザーをあてた場合、毛に長さがある分、発生した熱は毛根だけでなく毛先にまで分散されてしまいます。
そのため、毛根だけに十分な熱を与えることができなくなり、脱毛効果が下がってしまうのです。

また、熱量が不十分な状態で医療脱毛を行うと、硬毛症などのトラブルが生じる原因にもなり兼ねません。医療脱毛の施術前には、必ず自己処理をしましょう。

医療脱毛前におすすめの自己処理方法

医療脱毛前におすすめの自己処理方法

自宅でできる自己処理の方法としては、カミソリ・毛抜き・電気シェーバー・除毛クリームなどさまざまな種類があります。「自己処理をしてきてください」と言われても、どんな方法でムダ毛の処理を行えば良いのか、迷う方も多いでしょう。
実は、医療脱毛前に行う自己処理には、適した方法と適さない方法があります。自己処理の方法によっては脱毛効果に影響を与える可能性もあるため、しっかりとチェックしておきましょう。

カミソリによる自己処理

ムダ毛の自己処理というと、カミソリを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
カミソリは、一般的に最も手軽で多くの方が行っている自己処理方法ですが、医療脱毛の施術前にはあまりおすすめできません。

カミソリによる自己処理は、ムダ毛と一緒に肌の角質を落としてしまうため、皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。カミソリ使用後の皮膚は敏感な状態になってしまうため、医療脱毛の施術を受けると赤みや痛み、炎症などの肌トラブルを起こす原因になり兼ねないのです。

毛抜きや脱毛ワックスによる自己処理

毛根から毛を抜いてしまうワックスや毛抜きも、医療脱毛前の自己処理方法としては不向きと言えます。

医療脱毛は、レーザー照射により発生する熱で毛根にある細胞にダメージを与えて脱毛を行います。そのため、毛抜きや脱毛ワックスで毛根から引き抜いてしまうと、十分な熱をため込むことができず、脱毛効果が得られないことがあるのです。

また、毛抜きによる自己処理は、埋没毛や毛嚢炎のリスクもあるため注意が必要です。

電気シェーバーによる自己処理

医療脱毛の施術前に行う自己処理として最もおすすめしたいのが、電気シェーバーを使った処理です。

電気シェーバーは、数ある自己処理方法のなかでも比較的肌への負担が少ない方法です。電気シェーバーによる自己処理で物足りないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、医療脱毛の施術前に行う自己処理では、完全にツルツルにしておく必要はないため、電気シェーバーでも十分なのです。

ただし、電気シェーバーを肌に強く押し当てたり、摩擦を加えたりすると肌に負担をかけてしまいます。深剃りしないよう、肌に優しい電気シェーバーを選ぶと良いですね。

医療脱毛する正しい自己処理のやり方【部位別】

正しい自己処理のやり方

続いては、医療脱毛の施術前に行う正しい自己処理のやり方を、部位別に紹介します。ぜひチェックしてみてください。

脇はシワが寄る部分のため、手元が狂う可能性があり、自己処理が少し難しい部位です。
脇の自己処理は、深剃りをしない電気シェーバー安全ガードのついたT字型カミソリなどを用いて行うのがおすすめです。

脇の自己処理では、しっかりと腕を上げて脇の皮膚を平らにします。クリームを毛の流れに逆らうようにたっぷりと塗って毛を立たせたら、軽い力で毛の流れに沿って毛を剃っていきましょう。

足の自己処理はカーブを描いている部位が多いため、剃りにくい箇所です。
電気シェーバーを使うのがおすすめですが、電気シェーバーがないときは、首振りヘッド機能のついたカミソリを用いると良いでしょう。

クリームを毛の流れに逆らうように塗って毛を立たせたら、肌にカミソリをフィットさせて、毛の流れに沿って一気に剃っていきましょう。何度も繰り返し剃ると肌の負担になるため、繰り返さないように注意が必要です。

背中

背中の自己処理は見えない部分となるため、非常に難しいものです。
背中の自己処理では合わせ鏡を使って自分の手が届く範囲でクリームを塗り、慎重に剃っていきましょう。同じ部位を繰り返しストロークしないように注意してください。

背中の自己処理も、電気シェーバー安全ガードのついたカミソリを利用するのがおすすめです。無理をすると肌を傷つけるリスクが高まりますので、手が届く範囲だけを剃るようにしてくださいね。

VIO

VIOの自己処理は、電気シェーバーを使いましょう。長い毛は事前にカットし、短くしてからシェーバーをあてるのがポイントです。

VIOのお肌はとてもデリケートです。肌を傷つけないよう、VIO用の電気シェーバーなど肌に負担の少ないシェーバーを利用するのがおすすめです。見えにくい場所は鏡を使うと良いですよ。

医療脱毛前の自己処理はどこまで必要?

医療脱毛の施術前に行う自己処理は、手の届く範囲にとどめ、無理をして肌を傷つけないことが大切です。

ルシアクリニックでは多少の剃り残しであれば、シェービングを無料で行っています。
特に、うなじや背中やI・Oラインなどは自己処理がしづらい部分ですので、無理をせずにご相談ください。自己処理のコツについても、丁寧にアドバイスさせていただきます。

また、自己処理は、医療脱毛の予約日の1日~3日前に行うことをおすすめします。

医療脱毛前の自己処理に不安がある方は、ルシアクリニックにご相談ください

ルシアクリニックでは、医療脱毛の施術前には患者様ご自身での自己処理をお願いしています。剃り残し部位については無料でシェービングをさせて頂きますので、ご安心ください。無理をせず、手が届きにくい背中やOラインなどの部位のシェービングは無理をして肌を傷つけないようご注意ください。
また、間違った自己処理方法を行うと肌トラブルを招く原因となり得ます。
ルシアクリニックの無料カウンセリングでは、医療脱毛前の自己処理方法についても分かりやすくご説明させて頂きますので、自己処理に不安がある方は、お気軽にご相談ください。

2020.12.18 ※掲載価格はすべて税込価格です

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中