脱毛の仕組みとは?熱破壊式(ショット式)と蓄熱式の違いも解説

脱毛の仕組みとは?熱破壊式(ショット式)と蓄熱式の違いも解説

医療脱毛とは、医療用の特殊なレーザーを肌に照射し毛を作る組織を破壊することで、毛が生えなくなるように処理する施術のことを言います。
「組織を破壊」と聞くと、『怖い!』『痛そう!』という印象を持たれる人が多いと思いますが、そんな心配は全くなく、体への影響もありません。皆さんに安心して脱毛を受けていただくために、脱毛の仕組みについてお話しします。

毛を作る組織って何?

毛には、毛穴の外に露出している「毛幹」と毛穴の中に隠れている「毛根」に分かれています。 そして「毛根」は毛を作る組織の集大成で成り立っています。「毛根」の周辺には、『バルジ領域』『毛乳頭』『毛母細胞』という3つの毛を作る組織があります。
この3つは発毛の原因となる「発毛組織」で、医療レーザー脱毛の効果を引き出す重要な要素です。

毛を作る組織その1「バルジ領域」

『毛包幹細胞』『色素幹細胞』という2つの幹細胞があり、それぞれ発毛の司令塔としての役割があります。毛を生成する際に必要な細胞をこの2つの幹細胞が作り出し、毛母細胞へと供給します。この2つの細胞が同時に働くことで、黒々とした元気な毛が作られます。

  • 毛包幹細胞……毛の素になる細胞で、毛の構造の大部分を作り出している。
  • 色素幹細胞……色素『メラノサイト』を生成している。

毛を作る組織その2「毛乳頭」

毛根の根元にあります。血管や神経がつながっており、『バルジ領域』で生み出された『毛包幹細胞』は、この毛乳頭に移動すると栄養や酵素を受け取り蓄え、毛母細胞へ送り出します。

毛を作る組織その3「毛母細胞」

毛乳頭の周りにある毛髪を作り出している細胞です。毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、新しい細胞によって押し上げられたものが毛髪になっています。

『バルジ領域』『毛乳頭』『毛母細胞』という3つの発毛組織が正常に働くことで、毛が生成されます。
これらの毛を作る組織を破壊することで、毛は生成されなくなり毛が生えてこない『脱毛』という状態になります。さらに、近年の研究によると、発毛の指令を出し毛母細胞へ栄養を与えている『バルジ領域』へダメージを与えることが永久脱毛には最も重要であるということがわかりました。

どうやって組織を破壊するの?

毛のメラニン色素(黒色)に医療脱毛のレーザーの熱エネルギーが反応するという性質を利用して組織を破壊します。
肌の表面に伸びている毛を剃り、毛穴に毛根が残っている状態の肌にレーザーを照射すると、肌内部の黒い毛にレーザーが反応して熱を生み出しターゲットとなる3つの発毛組織を破壊します。レーザーは黒色にのみ反応するため、肌の表面や皮膚内部にある周辺の細胞を傷つけることは一切ありません。

3つの発毛組織が破壊されると、残った毛は1週間~2週間ほどで自然に抜け落ち、組織が破壊された毛穴からは毛が再生することはありません。

このように、脱毛には毛根にある毛を作る組織へのアプローチが必須条件になりますが、それらの行為は医療行為にあたるため「医療脱毛」以外の脱毛サロンやエステ脱毛では認められていません。1度の照射で毛乳頭(毛根の一番下の部分)まで達して毛根部分を一気に破壊するので、高い脱毛効果が得られます。

組織を破壊する脱毛方式「熱破壊式(ショット式)」と「蓄熱式」

医療脱毛の機器には、「熱破壊式(ショット式)」と呼ばれる『毛を作る3つの組織』を破壊する脱毛方法「蓄熱式」と呼ばれる『バルジ領域』のみを破壊する脱毛方法があります。双方ともに医療脱毛として認められている安全な脱毛方法ですが、熱エネルギーがターゲットとしている部分が異なる為、脱毛効果にも違いがあります。

バルジ領域・毛母細胞・毛乳頭を破壊する「熱破壊式(ショット式)」

熱破壊式(ショット式)式レーザーの仕組み

「熱破壊式(ショット式)」の医療脱毛機器はレーザーの熱エネルギーが毛穴の奥まで届く仕様になっており、『バルジ領域』『毛乳頭』『毛母細胞』の3つの組織全てを破壊します。「熱破壊式(ショット式)」は、体毛ができるまでの過程で重要な役割を持つ『バルジ領域』『毛乳頭』だけでなく、『毛母細胞』も一緒に破壊するというのが大きなポイントとなっています。毛母細胞は皮膚と繋がっている体毛の根本にあり、レーザーで毛母細胞を破壊すると、既に生えている体毛の根元と皮膚を引き離し、レーザー照射から数日~1週間で自然と毛は抜け落ちます。

バルジ領域のみを破壊する「蓄熱式」

蓄熱式レーザーの仕組み

「蓄熱式」の医療脱毛機器のレーザーは発毛の指令を出す『バルジ領域』のみを破壊し、新しく生えてくる毛の生成を止める事で脱毛を行います。「蓄熱式」は、既に『毛乳頭』で細胞分裂を始めている『毛母細胞』の破壊はできないため、今生えている毛に関しては、自然に抜け落ちる毛の寿命を待つしかありません。さらに、『バルジ領域』を破壊しても『毛母細胞』は残っているので、『バルジ領域』からの指令が途絶えた後でも『毛母細胞』に蓄えられていた栄養を元に、しばらくの間は毛の組織が作られてしまいます。そのため照射した後でも毛が伸びたり生えてきたりすることがあるため、個人差はあるものの脱毛の効果が感じにくい場合があります。

「熱破壊式(ショット式)」「蓄熱式」とを比較すると、『バルジ領域』『毛乳頭』『毛母細胞』を破壊する「熱破壊式(ショット式)」の方が、目に見えて脱毛効果の表れは早いですが、どちらも「毛穴から新たな発毛を阻止する」という最終的な目的や結果には変わりありません。しかしながら、蓄熱式系の脱毛機器の歴史は非常に浅く、『バルジ領域』の性質を踏まえた理論上では永久脱毛が可能とは言うものの、数十年後に本当に毛が生えないという確実な保証はまだ得られていないのが現状です。
ルシアでは、確実に永久脱毛が行えて尚且つ目に見えてしっかりと脱毛効果が実感していただける「熱破壊式(ショット式)」の脱毛方法を推奨し、「熱破壊式(ショット式)」の3種類の異なる波長の医療脱毛機器を採用しています。

一度で組織を破壊するのに1回の通院で完了しないのはなぜ?

毛周期

毛にはそれぞれに「毛周期」という毛の生え変わりのサイクルがあり、毛穴や部位によってそのタイミングは異なります。毛髪を含むすべての体毛は、「生えて(成長期)、抜けて(退行期)、毛がない状態(休止期)」を周期的に繰り返しており、現在生えている毛(成長期の毛)は毛穴の10~20%と言われています。医療脱毛のレーザーの熱エネルギーは成長期の毛にのみ反応して効果を発揮するので、1回の照射で組織を破壊できるのは10~20%ほどしかありません。そのため、毛周期のタイミングを見極めながら複数回にわたり脱毛を行う必要があります。

毛周期を無視して照射の回数を増やすよりも、きちんと毛周期に合わせて効率よく照射することでより少ない回数で脱毛を終わらせる事ができます。

熱破壊式(ショット式)脱毛のことならルシアクリニックにご相談ください

ルシアクリニックでは、脱毛としての安定的な実績が多い機器を選定し、目に見えて結果がわかる熱破壊式(ショット式)脱毛法を採用しています。一度の照射で脱毛効果も高いため、治療回数も蓄熱系脱毛と比べて少ない回数で脱毛完了が可能です。今までサロンや蓄熱式脱毛で効果の実感が薄かった方も大勢満足されています。ぜひ1度ご相談ください。

2021.06.14 ※掲載価格はすべて税込価格です

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中