介護脱毛とは?なぜ必要?メリット・デメリットや料金について

近年、40代・50代以上の女性を中心に、「介護脱毛」に注目が集まっています。また、将来の介護生活を見据え、若いうちから準備を始める方が増えていることから、介護脱毛の需要は着実に増加していると言われています。
そこで今回は、介護脱毛とはどのようなものなのか、介護脱毛をするメリット・デメリットなど、介護脱毛に関する内容を紹介します。

介護脱毛とは

介護脱毛とは、将来、自分が介護される立場になったときのことを想定して、主にアンダーヘア(VIO)のムダ毛を事前に永久脱毛(医療脱毛)しておくことを指す言葉です。
高齢化社会になりつつある日本では、高齢者の介護をする世代が増えてきたこともあり、将来自分が介護されるときに、介護者の負担を少しでも軽減することを目的として、介護脱毛を希望する方が増えてきています。
将来の介護と言われても、介護になぜアンダーヘア(VIO)の脱毛が必要なのか、ピンとこない方も多いのではないでしょうか。
そこで、まずは介護脱毛の必要性や介護脱毛を始めるのに適した年齢などを紹介します。
介護脱毛を検討する際の参考にしてください。

介護脱毛の必要性

高齢になり、介護や身の回りの介助が必要な状態になると、トイレやお風呂にもサポートが必要なため、自分の好きなときや行きたいときに、いつでも行けるというわけではなくなります。
そのため、高齢者用のオムツを着用するケースが増えてきますが、実はこのオムツに菌が増殖し、要介護の高齢者がデリケートゾーンに炎症や感染症を引き起こすことは珍しくありません。綺麗に拭き取ったつもりであっても、デリケートゾーンにあるアンダーヘアや皮膚には、どうしても排泄物が残りやすくなってしまいます。
しかし、介護脱毛でアンダーヘアを脱毛しておくことによって、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。デリケートゾーンを清潔に保つことによって、感染症や炎症などのトラブルの軽減、オムツ交換の際のデリケートゾーンの臭いの軽減をすることができるのです。
このような理由から、介護脱毛は介護をされる方にとっても、介護をする側にとっても、お互いにとってメリットの高い行為であると言えます。

介護脱毛を始める年齢

介護脱毛を始める方が最も多い年齢は、子育てがひと段落した40代、50代です。時間にゆとりができ、将来のことを考え始める年齢になると、介護脱毛を始めようとお考えになる方が多いようです。
また、医療脱毛クリニックで使われる医療脱毛器は、毛に含まれる黒い色素(メラニン)に反応する仕組みでムダ毛処理を行います。そのため、メラニン色素のない白髪が増えてしまうと、医療脱毛の効果が十分に得られないことがあります。
つまり、年齢が高くなり、アンダーヘアに白髪が増えてからでは、介護脱毛ができない可能性もあります。介護脱毛はアンダーヘアに白髪が生える前に行うことが大切なため、介護脱毛を始めるタイミングは、できるだけ早い方がよいと言えるでしょう。

介護脱毛が必要な部位

介護脱毛を行うのであれば、アンダーヘア(VIO)すべてのムダ毛を脱毛しておくことが、介護する側にとっても介護をされる側にとってもベストだと言えます。しかし、介護脱毛とはいえ、すべてのアンダーヘアを脱毛するのに抵抗がある方もいるでしょう。

介護脱毛が特に必要な部位は、Iライン(陰部の両側)Oライン(肛門の周り)です。なぜなら、IラインとOラインのムダ毛には排泄物が付着しやすいため、介護の邪魔になることが多く、また最も清潔にしなければいけない部位でもあるからです。

IラインとOラインの介護脱毛を行ったとしても、Vラインの毛は残っているため、見た目ではIラインとOラインの脱毛をしていると分からず、温泉などに行く場合も恥ずかしさはありません。

介護脱毛するメリット

介護脱毛をするメリットについて、整理しておきましょう。

介護者の負担を軽減

介護脱毛は、介護者の負担を軽減できるというメリットがあります。

将来的に介護が必要になってくると、オムツを履いたり、トイレに行けても拭き取りが上手くできなくなったりするため、排泄介助が必要になります。大人の排泄介助は、子供と違って身体が大きいことから、オムツを履かせるのも、付着した排泄物を拭き取るのも、介護をする側にとっては非常に大きな負担になります。

介護脱毛を行うことによって、アンダーヘアに排泄物がつかなくなるため、排泄後のふき取りが容易になり、スムーズにオムツ交換がしやすくなるというメリットがあります。

清潔な環境を保てる

介護脱毛を行うと、デリケートゾーンを清潔な環境に保つことができます。
アンダーヘアがあると排泄物が絡まりやすく、さらに汚れが落ちにくいため、不衛生な状態になりがちです。また、デリケートゾーンに残った汚れが原因となり、感染症を引き起こす恐れがあったり、雑菌が繁殖することによって臭いが強くなってしまったりすることもあります。
介護脱毛を行うことで、デリケートゾーンの衛生的な状態を保ちやすくなります。さらに下着による蒸れやかゆみの予防にもなってくるため、介護をされる側にとっても、快適に過ごすことができるでしょう。

肌トラブルが起こりにくくなる

介護脱毛は肌トラブルが起こりにくくなることも、メリットの1つです。 オムツを着用した生活を送ると、オムツの中で尿や便がアンダーヘアに絡まってしまうことがあります。アンダーヘアにこびりついた排泄物は落ちにくいため、取り除くのに力を要することもあるため、何度も力を入れて拭くことで肌に傷がついてしまい、肌トラブルを起こす可能性が高くなるのです。
介護脱毛を行っておけば、アンダーヘアに排泄物が絡まらなくなるため何度も排泄物をとるためにゴシゴシ拭き取る必要もなくなり、肌トラブル予防にも繋がってきます。

介護脱毛するデメリット

介護脱毛を行うメリットについて紹介してきましたが、介護脱毛を始めるときは、メリットだけでなくデメリットとなり得ることについても把握しておきましょう。

恥ずかしい

介護脱毛は、医療脱毛クリニックなどの医療機関で行います。
アンダーヘア(VIO)の医療脱毛をする場合は、当然ながらデリケートゾーンを見せなければ施術をすることができません。
しかし、介護脱毛は普段から人には見せない部位の施術であるため、スタッフにデリケートゾーンを見せるのは恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょう。
医療脱毛は医療用レーザーを用いた脱毛方法のため、医療脱毛の施術をするのは、基本的に医療従事者です。もちろんアンダーヘア(VIO)の脱毛施術にも慣れていますので、恥ずかしいと感じるならば、素直に相談してみてください。施術する部分以外にはバスタオルをかけるなどの配慮をしてもらえるケースが多いでしょう。

費用がかかる

介護脱毛にかかる費用をデメリットと感じる方もいます。医療脱毛クリニックで受けるVIO脱毛料金の相場は、5回コースで110,000円前後が目安となるでしょう。
決して安い料金ではないため、介護脱毛に興味はあっても、始めることを躊躇してしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ルシアクリニックでは、クレジットカードや医療ローンをご利用いただくことで、3回~60回の分割払いが可能です。毎月数千円から介護脱毛を始めることができますので、まとまった資金のご用意がなくてもご安心ください。

痛みを伴う場合も

介護脱毛のメインとなるデリケートゾーンの医療脱毛は、皮膚が薄く非常にデリケートな部分でもあり、かつアンダーヘアは太くて濃いことが多いため、痛みを感じやすい傾向にあります。痛みを伴う施術であるということは、介護脱毛のデメリットだと言えるでしょう。 しかし、ルシアクリニックでは、介護脱毛を希望される方のために、痛みの少ない脱毛レーザー器を採用しています。さらに、痛みを強く感じやすい方には表面麻酔を処方させていただきますので、痛みに不安がある方は、無料カウンセリングの際にぜひお気軽にご相談ください。

介護脱毛はルシアクリニックにご相談ください

介護脱毛を検討する際は、ぜひルシアクリニックにご相談ください。
ルシアクリニックでは1回25,000円からVIO脱毛を行うことができ、5回コースは80,000円、8回コース105,000円、10回コースは120,000円と、比較的安価な料金で介護脱毛を行うことができます。カウンセリング料や初診料、再診料もすべて無料、追加料金が一切かからないこともおすすめのポイントです。
また、ルシアクリニックの介護脱毛(VIO脱毛)では、痛みの少ない医療脱毛器を使用し、施術にかかる施術時間は最短15分です。さらに希望の方には3,000円で表面麻酔を処方させていただくなど、痛みを最小限に抑えた施術が可能です。
介護脱毛を検討されるなら、まずはぜひ無料カウンセリングにお越しください。

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中