VIO脱毛のメリットは?デメリットもある?

VIO脱毛のメリットは?デメリットもある?

VIOはデリケートな部位のため、ニオイやかゆみ、不快感などの悩みを持つ女性も多いでしょう。そんな方にぜひおすすめしたいのがVIO脱毛です。
そこで今回は、VIO脱毛のメリットやデメリットを紹介します。VIO脱毛に興味があるけれど不安もあるという方は、ぜひVIO脱毛のさまざまなメリットをチェックしてみてください。

VIO脱毛とは

そもそもVIO脱毛っていったい何?

VIO脱毛とは、Vライン(ビキニライン)Iライン(陰部の両側)Oライン(肛門周辺)のデリケートゾーンのムダ毛を処理することをいいます。
しかし、これらのデリケートゾーンは肌が弱く、照射時に痛みを伴いやすい部分でもあります。さらに誤った自己処理をすることで、黒ずみやニオイなどのトラブルを抱える原因となってしまうこともあるため注意が必要です。

VIO脱毛の方法

VIO脱毛には、自己処理やエステ脱毛、医療脱毛の3つの方法があります。まずは、それぞれの方法について、メリット・デメリットを見ていきましょう。

自己処理のメリット・デメリット

VIOの自己処理はカミソリや電気シェーバー、家庭用脱毛機、除毛クリームなどを用いて、鏡を見ながら行う必要があります。

メリットとしては、医療脱毛やエステ脱毛に比べて安価にムダ毛を処理することができるという点があげられますが、VIOの自己処理は肌を傷つけやすく、赤みや黒ずみ、シミなど肌トラブルのリスクを高めるというデメリットがあります。

エステ脱毛のメリット・デメリット

エステサロンで行うVIO脱毛は、ムダ毛の生えた部分に光を照射してムダ毛を処理していく方法(光脱毛)です。エステ脱毛は、医療脱毛に比べると照射パワーが弱いため、痛みを感じにくく、肌トラブルも生じにくいというメリットがあります。

しかし、照射パワーが弱いことから光脱毛で永久脱毛をすることはできません。毛を細く少なくして目立たない状態にすることを目的に行われる脱毛方法です。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療機関で行うVIO脱毛は、ムダ毛の生えた部分に強力な医療レーザーを照射して、永久脱毛を行う方法です。医療脱毛はエステ脱毛に比べて脱毛効果が高いので脱毛効果を実感しやすく、施術回数が少なく済むというメリットがあります。

しかし、脱毛効果が高い分、施術中の痛みを伴いやすく料金が高額というデメリットもあります。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛はメリットいっぱい!

VIOは人の目につかない部位のため、なぜデリケートゾーンのムダ毛を処理しなければならないのか、その必要性が分からないという方もいらっしゃるでしょう。そこで続いては、VIO脱毛のメリットについて触れていきましょう。

生理中の不快感、ニオイ・蒸れの対策になる

デリケートゾーンのムダ毛は生理の経血や尿、汗などがつきやすいため、VIOはニオイや蒸れといった不快感に悩まされやすい部分です。

しかし、VIO脱毛を行うことでムダ毛がなくなるため、VIOラインが蒸れづらくなり、ニオイや肌トラブルなどの悩みを解消できるというメリットがあります。

さらにVIOラインのムダ毛がなくなることで下着の中の通気性が良くなるため、雑菌の繁殖を防ぐことにもつながり、生理中に限らず、常に快適に過ごすことができるようになるでしょう。

下着や水着を自由に楽しめる

VIO脱毛をすると、Vラインの上部やサイドの脱毛も行うため、下着や水着からムダ毛がはみ出さないようにすることができます。

そのため、VIO脱毛を行うことで、ムダ毛のはみ出しを気にすることなく、Tバックなどアンダーヘアが気になりやすい下着も身に着けることができるようになるメリットがあります。また、海やプールで水着を着るときにも、ムダ毛がはみ出るという心配がなくなります。

自己処理の手間がなくなる

カミソリやシェーバーを使ってムダ毛の自己処理を行う場合、特にVIOは見えにくくデリケートな部分でもあるため、鏡を用いて慎重に処理をしていく必要があり、自己処理に時間がかかる部位でもあります。

VIOの医療脱毛なら永久脱毛ができるため、自己処理の手間がなくなるといったメリットがあります。

自己処理による肌トラブルの心配が減る

VIOはデリケートゾーンと呼ばれるほど、皮膚が薄くて刺激に敏感な部分です。そのため、過剰なケアや間違った自己処理を行うと、黒ずみやシミ、肌荒れ、埋没毛などの肌トラブルを生じる可能性があります。さらに、VIOラインは鏡を用いても自己処理がしづらい部分でもあるため、肌を傷つけてしまう可能性もあります。

VIOを医療脱毛すると、自己処理で生じやすい肌トラブルを軽減することができるでしょう。

衛生的で介護脱毛にも適している

VIO脱毛は陰部を清潔に保つことができるため、介護脱毛として注目されています。

アンダーヘアがなくなることによって、尿や便といった排泄物が陰部に付着しづらくなり、菌が繁殖を抑える環境となるため、介護をする側もされる側も快適に過ごすことができます。

VIO脱毛は医療脱毛がおすすめ!何回で薄くなる?

VIO脱毛は5回ほどで自己処理がいらないくらいまで減らすことができます。

VIO脱毛を行うのであれば、脱毛効果の高い医療脱毛がおすすめです。

VIOの毛は太くて濃いため、医療脱毛で脱毛する場合、1回の施術で毛の量が薄くなったと効果を実感する方もいます。しかし、医療脱毛は1回だけの施術では完了しないため、毛周期に合わせて、自己処理が不要なレベルになるまでは5回ツルツルの状態にしたいという場合は8~10回の施術は必要と考えておきましょう。

ルシアクリニックの医療脱毛では、1度の照射で毛が再生されなくなるショット式脱毛を用いており、目に見えてVIO脱毛の効果を実感することができます。1度の照射で得られる脱毛効果も高く、施術回数は蓄熱式脱毛機と比べて少ない回数で脱毛完了することが可能です。

VIO脱毛にはデメリットもある?

VIO脱毛にはさまざまなメリットがありますが、デメリットも存在しています。そこで続いては、VIO脱毛にどのようなデメリットがあるのかを紹介します。

生理日には施術が行えない

VIO脱毛のデメリットとしては、生理中は衛生面やホルモンバランスを考慮して、施術が行えないということがあげられます。生理中のVIOラインは特に肌が敏感な状態となるため、肌トラブルが生じやすいだけではなく、感染症を起こすリスクもあります。

生理予定日と施術日が重なりそうな場合は、あらかじめ予約を変更しておきましょう。

施術前は自己処理が必要になる

医療脱毛でVIO脱毛をする場合、1~2日前を目安にムダ毛の自己処理を行う必要があります。デリケートゾーンの自己処理は肌を傷つける可能性が高いため、比較的安全性の高い電気シェーバーを利用すると良いでしょう。

赤く腫れるといった肌トラブルが起きることも

医療脱毛でVIO脱毛をすると、施術後に赤く腫れるといった肌トラブルが生じる可能性があります。ルシアクリニックでは肌トラブルが起きてしまった場合も、炎症を抑えるためのクリームを塗るなどの対処をしています。

1度脱毛すると、元に戻せない

医療脱毛でVIO脱毛した場合、1度レーザーを照射した毛根からは、2度と毛が生えてくることはありません。そのため、デリケートゾーンを無毛状態にしてしまった後で後悔しても、以前のような状態に戻すことはできなくなります。

1度脱毛したムダ毛は元に戻すことができないことを理解した上で、VIO脱毛するかどうか、どんなデザインにするかについては、しっかりと検討することが大切です。

VIO脱毛のお悩みはルシアクリニックに相談ください

VIOの悩みはなかなか周りの方に打ち明けられないものです。ルシアクリニックでは、患者様の悩みや希望にできるだけ寄り添えるように、熟練の女性スタッフがカウンセリング・施術を行っております。

また、ルシアクリニックのVIO脱毛では、逆三角形やたまご形、全処理形など、Vラインを自分の好きな形やデザインに仕上げることができます。さらに、ご希望の方には3,300円で施術前に麻酔クリームを塗布するなど、痛みの対処も行っています。

カウンセリングや医師の診察料は無料ですので、VIOにお悩みのある方やVIO脱毛をお考えの方は、ルシアクリニックにぜひご相談ください。

2021.02.03 ※掲載価格はすべて税込価格です

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中