医療脱毛はいつから始めれば夏に間に合う?

医療脱毛はいつから始めれば夏に間に合う?

医療脱毛はいつから始めれば夏までに間に合うのか、回数や期間、スケジュールが気になる方も多いのではないでしょうか。医療脱毛は1回では終わらないため、ムダ毛が気にならない程度まで脱毛するには繰り返し医療脱毛の施術を行わなければいけません。
では、一体いつから始めれば夏に間に合うのでしょうか。
今回は、夏に向けた医療脱毛はいつから始めるべきか、夏までに脱毛を終わらせるための注意点などを紹介します。

夏に向けた医療脱毛はいつから始めるべき?

夏に間に合わせるためには、いつから医療脱毛をスタートさせるべき?

夏に間に合わせるためには、いつから医療脱毛をスタートさせるべきなのでしょうか。

医療脱毛は1回の施術では完了しない

そもそも医療脱毛は1回の施術で完了するものではありません。医療脱毛は毛周期と深い関係があり、毛周期に合わせて複数回の施術を行う必要があります。

毛周期とは、人間の毛が生え変わる周期のことを言い、「成長期退行期休止期」のサイクルによって構成されています。医療脱毛で用いる医療レーザーは、毛周期の「成長期」にあたる毛にしか効果がなく、またムダ毛は1本1本の毛周期のタイミングが異なるため、1回の医療脱毛でムダ毛を処理できるのは全体の約20~30%に限られるのです。
つまり、医療脱毛はムダ毛が成長期に入ったタイミングで施術を受ける必要があるということです。

そのため、1回の施術では医療脱毛は終わらず、毛周期のサイクルに合わせて繰り返し施術を行うことで、ムダ毛を減らしていくのです。

医療脱毛で自己処理が不要になるまでの回数・期間

医療脱毛は、脱毛する部位によって毛周期や毛質が異なるため、完了するまでの回数・期間が異なります。

例えば、顔の毛周期は1ヶ月~2ヶ月サイクル、ワキやVIOなどの毛周期は2ヶ月~3ヶ月サイクルでやってきます。そのため、全身脱毛では2ヶ月~3ヶ月に1回医療脱毛を行うことが理想的と言われています。

医療脱毛で自己処理が不要になるまでの回数・期間の目安は、以下の通りです。

【自己処理が不要になるまでの回数・期間の目安】
脱毛部位 回数 期間
8~10回 16ヶ月~20ヶ月
ワキ 5~7回 10ヶ月~14ヶ月
腕・脚 5~6回 10ヶ月~12ヶ月
背中・お腹 5~8回 10ヶ月~16ヶ月
Vライン 5~6回 10ヶ月~12ヶ月
I・Oライン 5~8回 10ヶ月~16ヶ月

医療脱毛でツルツル肌になるまでの回数・期間

医療脱毛では、どこまでの状態を目指すかによっても、必要な回数・期間が変わります。
続いては、医療脱毛で肌がほぼツルツルになるまでの回数・期間を紹介します。

脱毛部位 回数 期間
10~14回 20ヶ月~28ヶ月
ワキ 8~10回 16ヶ月~20ヶ月
腕・脚 8~10回 16ヶ月~20ヶ月
背中・お腹 10~14回 20ヶ月~28ヶ月
Vライン 8~10回 16ヶ月~20ヶ月
I・Oライン 10~12回 20ヶ月~24ヶ月

一般的に、医療脱毛は5回コースで設定されているクリニックが多いですが、毛穴の引き締まったツルツルの肌を手に入れるためには、少なくとも8~10回程の施術を受ける必要があります。

そのため、医療脱毛でツルツルの肌を手に入れたいという方は、5回コースの施術を受けた後、ムダ毛の気になる部分を追加で施術したり、8回以上の医療脱毛コースを選択したりすると良いでしょう。

いつから脱毛を始めれば夏に間に合う?

医療脱毛は1回の施術で完了するような脱毛方法ではないため、夏直前になって医療脱毛を始めても、夏までに理想の状態にはなれません。
では、いつから医療脱毛を始めれば夏に間に合うのでしょうか。

まずは、医療脱毛で夏までにどんな状態を目指すのかを明確にしておくと良いでしょう。

例えば、夏までに自己処理の回数が少なくなる程度を目指すのであれば、3~4回の施術でも間に合うため、夏に間に合わせるなら秋や冬から医療脱毛を始めるのがおすすめです。

しかし、夏までに自己処理がほとんど不要になる程度まで医療脱毛を行いたいのであれば、夏までに最低でも5回の施術(10ヶ月以上)が必要となります。つまり、7月までに医療脱毛を間に合わせたいと考えているなら、2ヶ月に1回の脱毛ペースであれば最短でも9月、できれば前年の夏までに医療脱毛を始める必要があるということです。

夏までに医療脱毛を終わらせるための注意点

医療脱毛を夏に間に合わせるための注意点

できるだけスピーディーに医療脱毛を終わらせて夏に間に合わせたいという場合、いくつか気をつけておきたい注意点があります。

予約の取りやすいクリニックを選ぶ

医療脱毛の施術は、成長期の毛に対して効果を発揮するものです。

そのため、できるだけスピーディーに脱毛を完了させたい場合は、毛周期のサイクルに合わせた最短のスケジュールで施術を受けるのが効果的です。

しかし、毛周期に合わせたスケジュールでスムーズに予約が取れなければ、脱毛完了までの期間は伸びてしまいます。あまりにも伸びてしまうと、夏までに医療脱毛を間に合わせることが難しくなってしまうかもしれません。

施術前の自己処理で毛抜きは使わない

医療脱毛は事前に自己処理を行う必要がありますが、毛抜きでの自己処理は毛根部分から毛を除去することになるため、毛根にダメージを与えて脱毛する医療脱毛には適しておらず、医療脱毛の施術を受けても、脱毛効果を十分に実感することができなくなるのです。

また、医療脱毛前の肌にダメージを与えてしまうと、肌荒れといった肌トラブルにつながりかねません。肌トラブルが生じると、医療脱毛が受けられない可能性もあるのでスピーディーに夏までに脱毛を終わらせることが難しくなります。

施術前の自己処理は、毛抜きやワックスなど毛根部分から毛を除去する方法ではなく、電気シェーバーのように肌に優しい方法で行うようにしましょう。

日焼け・肌荒れに注意する

医療脱毛で使う医療レーザーは、メラニン色素に反応して熱を発生させる仕組みになっているため、メラニン色素が沈着している日焼けをした肌は、医療レーザーによる熱で火傷を負う可能性があります。

また、日焼けをした肌は肌トラブルのリスクがあります。万が一肌トラブルが起きた場合は、医師の判断により一時的に医療脱毛を中止し、肌トラブルの治療を行う必要が出てくるかもしれません。

つまり、夏までに医療脱毛を終わらせたいと考えているのであれば、日焼けや肌荒れには極力注意をし、効率的に脱毛を受けられる状態にしておく必要があるのです。

生活習慣やホルモンバランスを整える

医療脱毛は毛周期に合わせた施術を行う必要がありますが、生活習慣やホルモンバランスが乱れると、毛周期にも影響を与えてしまいます。毛周期が乱れた状態で施術を行っても思うような効果が現れず、施術回数・期間が延びてしまうこともあります。

夏に間に合うスケジュールで医療脱毛の計画を立てる場合は、生活習慣やホルモンバランスが乱れないよう、規則正しい生活を送るようにしましょう。

ほてりや赤みなど炎症のケアを行う

医療脱毛後の肌は熱がこもり、敏感な状態となっているため、ほてりや赤みなどが生じやすくなります。炎症が起きないように冷やしたタオルなどでケアを行うようにしましょう。

肌に炎症などの肌トラブルが起きてしまうと、次回の脱毛に影響を来す可能性があるため、万が一肌トラブルが起きたときは、医療脱毛クリニックに相談をすることが大切です。

ルシアクリニックでは肌トラブルが起きた場合、専門医による診察薬の処方を無料で行っているため、脱毛後に異常を感じたら、我慢せずすぐに受診をしてください。

夏に間に合うスムーズな医療脱毛はルシアクリニックで

ルシアクリニックの全身脱毛5回コースでは、秋冬から始めれば、夏に間に合うスムーズな医療脱毛を受けることができます。

ルシアクリニックは気になる部分7ヵ所(顔・VIOを除く)の全身脱毛は83,000円人気の部位もしっかりカバーした15ヵ所(顔・VIO除く)のまるごと全身脱毛は132,000円と、比較的リーズナブルに脱毛を始めていただけます。医療脱毛の基本料金以外の追加費用がかかる心配もないため、費用面で心配な方も安心して施術を受けることができるでしょう。

また、ルシアクリニックの医療脱毛は3種類のレーザーの特徴を活かして脱毛を行うため、どんな毛質・肌質でもスムーズな医療脱毛を受けることができます。夏までに医療脱毛を間に合わせたいと思っている方は、ぜひルシアクリニックに相談ください。

2021.03.03 ※掲載価格はすべて税込価格です

この記事をシェアする

大人気プラン予約受付中